About


Brain to Books(1)

 

Welcome to the page of Jin Okubo. JinOkuboThere are few interesting things that can be said about his home town,a mildly racist country town in the Santa Barbara mountains, though he is hopeful that things have changed there. Having grown up during the great migrant issues of California during the 80’s and 90’s, he was able to experience some of the issues throughout his education all the way through his university education..

Upon finishing his university studies he moved to the beautiful country of Japan only to bounce back and forth between the U.S and Japan for a couple of years. Finally, he received his Japanese citizenship in the spring of 2014. Throughout his life he has been surrounded by many strong women which is one of the contributing factors for the protagonists in his novels tending to be women.

He loves classical literature. There is always the temptation to write easy to digest books that are made to sell, rather than books that are written for an experience reader and very few writers have mastered both. He works hard to continue to improve his craft. With every improvement he inches his way ever closer to that perfect balance of books that will satisfy the modern reader.

What he would love to say to all his readers: “I write to challenge my reader. As you face this challenge you will find that you will grow to love the characters I have created. This love will bring a deeper understanding to my writing and my characters more.”

 

Love413siqqbgal._sy400_.jpg

Get your copy at Amazon

http://www.amazon.com/Love-Jin-Okubo/dp/1530013704

 

Or you can ask your favorite bookstore to order you a copy and it is downloadable to your favorite ebook reader.

========================

Japanese
========================
大久保仁のホームページへようこそ。

生い立ちについてはあまり興味をそそるような事はありません。
僕はアメリカ、サンタバーバラの多少人種差別的な田舎町
(現在は変わっている事を望みます)で育ちました。
80~90年代、カリフォルニアでは移民問題が多く、
その時代に育った僕は、大学へ進学するあたりで
それを身を持って体験することになりました。
そこから僕の人生の大半は、
その頃なし得なかった自己発見や自分の居場所探しが占めていました。

学生生活を終えて、僕はこの美しい日本という国へやってきました。
何年かはアメリカと日本を行ったり来たりしていましたが、
2014年春、遂に日本国籍を取得することができました。
僕の人生には常に個性の強い女性たちがいたことは僕の人生を語る上で避けて通れません。
それが僕の作品の主人公に女性が多い一つの理由でしょうから。

僕は古典文学をこよなく愛しています。
簡単に読める小説ばかりが多く出版されている現代に
新しいスタイルの古典文学の風を吹き込ませたいと思っています。
売れるための本を書くよりよりも、
自分の物書きとしてのスタイルに忠実がゆえに
僕の作品は少々取っつき難いかもしれませんが、
それこそが僕が本を書く喜びであり、理由なのです。

目の肥えた読者を意識した本よりも、「消化のよい」本を書きたいという誘惑は常にあります。
実際、これを両立できた作家はそういませんが、
僕は作品を推敲する際、現代の読者と、より目の肥えた読者、両者の満足を得られるベストバランスを心がけています。

僕の未来の読者にこう言いたいと思います。
「僕の作品は、読者のみなさんへの挑戦です。
僕の作品と正面から向き合う時、皆さんは僕の創り出した人物たちを愛するようになるでしょう。
その愛が、僕の作品や登場人物へのへの理解をより深めていくのです。

アマゾンから購入可能です。
http://www.amazon.com/Love-Jin-Okubo/dp/1530013704

 

お近くの本屋からの注文や、e-bookへのダウンロードも可能です。

booksgosocial

Background image belongs to Patty Stiles. at
Patty Stiles Purple

5 thoughts on “About

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s